コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペイ(北)運河 ペイうんがBeiyun he

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペイ(北)運河
ペイうんが
Beiyun he

中国,チャン (長) 江下流部流域と首都ペキン (北京) を結ぶ大運河の北の一部をなす運河。ペキン東郊のトン (通) 県からテンチン (天津) にいたる約 100kmをいう。元代にペキンが都となってから開削されたもので,清代にいたるまで物資輸送の要路として舟運でにぎわった。現在はチンシャン (京山) 鉄道の開通により,その重要性は失われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ペイ(北)運河の関連キーワードテンチン(天津)直轄市チャオパイ(潮白)河ヨンティン(永定)河ハイ(海)河

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android