コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大運河 だいうんが Da-yün-he; Ta-yün-he

6件 の用語解説(大運河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大運河
だいうんが
Da-yün-he; Ta-yün-he

中国の華北と江南の間をウェイ(衛)河ホワン(黄)河ホワイ(淮)河チャン(長)江などの河川を利用して開削し,連結した水路。江南の豊かな物資を華北にある首都に運ぶとともに,華北,華中を政治的に結合するために長い間重要な役割を果たした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だい‐うんが【大運河】

中国の東部、天津から黄河揚子江を横切り、杭州まで縦貫する運河。全長約1800キロ。隋の煬帝(ようだい)の時に開かれ、元代に完成。万里の長城とともに中国の二大土木事業といわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大運河【だいうんが】

中国の南北を結び,交通・運輸の大動脈であった運河。万里の長城と並ぶ中国史上の二大土木工事の一つである。戦国末〜秦漢に部分的には運河が開かれていたが,それを利用して文帝は広通渠(長安〜黄河,584年),煬帝(ようだい)は通済渠(黄河〜淮水,605年)・【かん】溝(かんこう)(淮水〜長江,605年)・永済渠(黄河〜北京,608年)・江南河(長江〜杭州,610年)を完成し,唐・宋・元・明代を通じて改修された。
→関連項目嘉興杭州江蘇[省]済寧常州滄州蘇州台児荘鎮江通州天津徳州微山湖無錫揚州淮陰淮河

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいうんが【大運河 Dà yùn hé】

中国の東部平原を縦断する運河で,北は北京市から南は杭州市まで全長1794km。京杭運河ともいう。万里の長城とならび称される中国の二大土木工事の一つである。その起源は春秋時代までもさかのぼり,歴代にわたって南北交通の大幹線となり,また物資輸送の大動脈として中国の経済を支えてきた。今日では往時のような重要性はなくなったが,地方的な交通輸送路としての利用価値は失われていない(図)。
[古代の運河]
 中国最古の運河は,春秋時代に宋国が済水(せいすい)岸の陶(山東省定陶県)から南東に向かって開いた菏水(かすい)で,済水と泗水(しすい)とを連絡したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だいうんが【大運河】

中国東部を天津から杭州まで縦貫する水路。長さ1700キロメートル。その原形は、隋の煬帝ようだいが洛陽を中心に天津と杭州とを連結した水路。元代に済州河(1283年開通)と会通河(1289年開通)が建設され、現在の東寄りのコースが完成。今も部分的に利用。 → 永済渠通済渠

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大運河
だいうんが

万里の長城とともに旧中国の残した二大土木事業といわれ、南の経済圏と北の政治圏とをつなぎ歴代王朝の基盤を養った重要施設。戦国時代以来、諸王朝が、西から東へ流れる黄河、淮水(わいすい)、揚子江(ようすこう)の本流・支流を巧みにつなぎ、深くさらって、営々としてつくりあげた大水道。現在の北京(ペキン)と浙江(せっこう)省杭州(こうしゅう)を結ぶ総延長おおよそ1800キロメートル。
 まず、紀元前5世紀、江蘇(こうそ)省淮安(わいあん)付近と揚州付近とで、淮水と揚子江とを連絡する(かんこう)が開かれ、約1世紀後に河南省(けいよう)付近から黄河を分流し、開封(かいほう)を過ぎ淮水に至る古(こべんが)が開かれた。これらはおもに軍糧輸送を目的としたが、漢代からは租税収入の一部(漕糧(そうりょう))を首都へ運ぶために用いられ、漕運(そううん)という制度がつくられた。三国から南北朝時代(3~6世紀)には江南の開発が進み、その経済力は江北をしのいだので、589年全国を統一した隋(ずい)は、江南の経済力を首都に結び付け、加えて旧南北両朝勢力を交流融和させるために、運河を全国的視野にたって整備した。初め、584年西安と黄河との間に広通渠(こうつうきょ)(富民渠)、587年淮安―揚州間に山陽涜(さんようとく)溝の改修)、605年黄河畔の河陰から開封、商邱(しょうきゅう)を経て宿遷付近で淮水に至る通済渠(つうせいきょ)、610年儀徴の対岸から蘇州を過ぎ杭州に至り、揚子江と銭塘江(せんとうこう)とを連ねる江南河を開き、この4河によって江南と関中(陝西(せんせい))とを直結した。この間、608年高句麗(こうくり)征討の軍糧輸送のため永済渠(衛河の改修)を開いたので、黄河畔から北京への路もでき、ついに杭州―北京間が水路で結ばれた。いわゆる大運河はこうしてできあがった。
 この大事業を完成したのは隋の煬帝(ようだい)である。しかし、このために重税、苛役(かえき)を課せられ、兵役に駆り立てられた農民が反抗し、隋はその後10年にして滅んだ。煬帝は人君の資に欠けると酷評されるが、大陸における経済の重心が江南に移動した大変動期に、300年にわたる南北抗争を終結統一する政治課題を解決するため大運河を完成させたことの歴史的意義は大きい。唐が華麗な文化を創造し、史上まれな盛時を現出したのは、大運河が内外の交通に大きな活力を与え、海港に連なってイスラム商人を迎えるなど、シルク・ロードにはるかに勝る機能を発揮したためである。
 宋(そう)代には、黄河水運の難所である三門峡の険を避け、大運河に連なる南海貿易の隆盛に対応するため、首都を(べんけい)(開封)に移し、通済渠を改修して河と改称し、江南からの距離を短縮したので、漕糧の輸送額は、唐代の年間約300万石(1石は約60リットル)よりも、100万~200万石も多かった。
 元(げん)以後、首都は大都(北京)となり、江南からは北東へ遠く離れた。そこで元は、初め御河(ぎょか)(永済河)を利用したが、迂回(うかい)が甚だしく、ついで淮河と大清河とをつなぐ済州河(さいしゅうか)、大清河と御河とを結ぶ会通河(かいつうか)を開いて、大運河を東方寄りのルートに短縮した。しかし舟行困難のため、運河輸送をいっさい断念、上海(シャンハイ)付近から天津(てんしん)に至る海上輸送によらざるをえなかった。明(みん)代には、元代の会通河の改修に成功し、1411年、ほぼいまみるような大運河が機能を発揮し、年400万石(1石は約170リットル)の漕糧を安定的に輸送し続け、清(しん)代もこれによった。しかし、20世紀初め汽船、汽車による輸送の発達によって本来の役割は終わった。
 1911年の辛亥(しんがい)革命後の国内の混乱もあって運河の復旧は行われず、また河道の変化もあり、現在は不通となっている部分が多い。しかし、全面復旧の計画もあり、また1949年の解放後の改修により3000トン級の汽船の航行可能な部分もあり、部分的には水運に利用され、また農業用水としても利用されている。[星 斌夫]
『星斌夫著『大運河』(1971・近藤出版社) ▽星斌夫著『大運河発展史』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大運河の言及

【元】より

…とくに江南の特産品たる絹織物(江浙,四川),茶(江浙,四川,湖広),砂糖(四川,江浙),紙(江西,江浙),陶磁器(江西,江浙),漆器(江浙)の奢侈商品は大都を中心とする畿内に巨大な新市場を得て両宋期に劣らぬ拡大再生産に活気を帯びるに至った。 かくして南北運輸の大動脈である大運河は元朝早々に淮安から大都にまで延長されたが,元朝ではとくに年間300万~400万石に及ぶ漕運すなわち江南税糧の京師輸送を海運に切り換えたため,運河による江南物資の輸送量はそれだけ増大したはずである。このような状況のもとで,おのずから商業は盛んになり都市は発展する。…

【江蘇[省]】より

…串場河(せんじようが)をもって交界とするが,一括して淮南平原ということもある。江淮平原は大運河が南北に貫通し,その東側は周辺が高く盆形をなしている。これは黄河,淮河,長江によって運ばれ海底に沈殿した砂泥が,海流のため海岸地帯に堆積し,西方からの流水が海に入るのを妨げていたが,長年の間に沼沢から平原に変じた結果である。…

【隋】より


[煬帝の時代]
 さて2代目煬帝は,父文帝の名君ぶりとは対照をなす暴君として広く知られている。事実,兄の楊勇との後継争いに勝利して帝位を襲うと,ただちに東都洛陽城の再建,北は涿郡(たくぐん)(北京市付近)から南は江南の杭州(浙江省)に至る長大な運河の開削(通済渠,永済渠,邗溝(かんこう),江南河)といった一連の大土木工事に着手した(大運河)。対外的にも積極策をとり,突厥への行幸,吐谷渾(とよくこん)などへの出兵,高句麗に対する3度の征討行動を展開し,加えてぜいたくな遊興の生活にふけった。…

【水運】より

…中国では南方の沖積平野,とくに長江(揚子江)中下流域がもっとも豊かな農業生産力をもつが,この経済力を開発し,それを伝統的に北方に中心をもつ政治力,文化力と結びつけることにより,全国統一の力となしえたのが隋・唐時代であった。その背景となったのは,長江中下流域と,これを北方につなぐ大運河の水運であった。これより南方の物資を北方へ輸送する漕運は,国家の死命を制する重要なことになり,水運の支配をめぐる争いは全国統一につながった。…

【輸送】より

…早くから道路を整備し,河川には橋梁をつくり,要地には関津を置いたほか,駅伝などの交通・通信の設備を併置した。その一部ないし主要部に河川湖水を利用したところがあり,最もよく知られているのが大運河で前述(1)のルートに当たる。大運河の完成は隋代のことであるが,それが効力を十分に発揮したのは宋代以後であり,穀倉地帯である江南の産米を北方の政治の中心地に運ぶ輸送路として重要な役割を担っていた。…

※「大運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大運河の関連キーワード国東〈町〉大分県国東市国東町安国寺大分県国東市国東町岩戸寺大分県国東市国東町北江大分県国東市国東町綱井大分県国東市国東町浜大分県国東市国東町浜崎大分県国東市国東町原大分県国東市国東町東堅来大分県国東市国東町横手

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大運河の関連情報