舟運(読み)しゅううん

普及版 字通「舟運」の解説

【舟運】しゆう(しう)うん

舟で運ぶ。〔宋史、河渠志五〕大河の水を引きて之れを河に、以て江・淮のじ、仍(よ)りて斗門を置き、時を以て閉せん。~し、數百里大河の險をる。

字通「舟」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android