コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペイピヤオ(北票)市 ペイピヤオBeipiao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペイピヤオ(北票)〔市〕
ペイピヤオ
Beipiao

中国東北地方,リヤオニン (遼寧) 省西部,チャオヤン (朝陽) 特別市に属する市。ヌールーアルフー (努魯児虎) 山脈に平行して,その東を走るターチンシャン (大青山) 山脈東麓の丘陵地域にある。ウシ,ウマ,ロバなどの牧畜と,雑穀を主作物とする農業が行われる。行政中心地のペイピヤオ鎮には埋蔵量1億 7000万tといわれる炭田があり,年間 200万tのコークス炭を産する。チンチョン (錦承) 鉄道から支線が延びている。人口 62万 782 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone