コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペターティクバ Petah Tiqwa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペターティクバ
Petah Tiqwa

イスラエル中西部の都市。テルアビブヤフォの東北東約 10km,シャロン平原中央に位置する。ヤルコン川南岸の低い丘陵上にあり,周辺は低湿な沖積地。市名は「希望のドア」の意味。近代パレスチナでユダヤ人が建設した最古の農業入植地。 1878年エルサレムのユダヤ人が始め,82年にロシアからの移民が再建した。初めはオレンジを栽培したが,徐々に工業も発展,繊維,化学,アスベスト,紙,家具,食品,薬品,ポンプ,ゴム製品などの諸工業が立地。付近のヤルコン川沿いの地では,柑橘類やブドウが栽培されている。人口 13万 5400 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android