コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペターティクバ Petah Tiqwa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペターティクバ
Petah Tiqwa

イスラエル中西部の都市。テルアビブヤフォの東北東約 10km,シャロン平原中央に位置する。ヤルコン川南岸の低い丘陵上にあり,周辺は低湿な沖積地。市名は「希望のドア」の意味。近代パレスチナでユダヤ人が建設した最古の農業入植地。 1878年エルサレムのユダヤ人が始め,82年にロシアからの移民が再建した。初めはオレンジを栽培したが,徐々に工業も発展,繊維,化学,アスベスト,紙,家具,食品,薬品,ポンプ,ゴム製品などの諸工業が立地。付近のヤルコン川沿いの地では,柑橘類やブドウが栽培されている。人口 13万 5400 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android