コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルオキソホウ酸塩 ペルオキソホウさんえんperoxoborate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルオキソホウ酸塩
ペルオキソホウさんえん
peroxoborate

古くは過ホウ酸塩とも呼ばれた。遊離の酸は知られていない。アルカリ水溶液中で過酸化水素とホウ酸塩を反応させてつくる。 (M=K,Na,NH4)
などが知られている。他の塩も存在するが,構造については不明な点が多い。水溶液は過酸化水素を遊離し,強い酸化剤として作用する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android