コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルージャの大聖堂 ペルージャのだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ペルージャのだいせいどう【ペルージャの大聖堂】

イタリア中部の古都、大学の町ペルージャ(Perugia)の中心にある大聖堂。町の人々は「ドゥオーモ」と通称することが多い。15世紀に、町の守護聖人サン・ロレンツォに捧げるために建設されたゴシック様式の聖堂で、第一礼拝堂にはマニエリスムの画家フェデリコ・バロッチ(Federico Barocci、1535~1612年)のフレスコ画「キリスト降架」がある。隣接して、ルーカ・シニョレッリ(Luca Signorelli、1445頃~1523年)の「玉座の聖母子と聖人たち」などの作品があるドゥオーモ美術館がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android