コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルージャの大聖堂 ペルージャのだいせいどう

1件 の用語解説(ペルージャの大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ペルージャのだいせいどう【ペルージャの大聖堂】

イタリア中部の古都、大学の町ペルージャ(Perugia)の中心にある大聖堂。町の人々は「ドゥオーモ」と通称することが多い。15世紀に、町の守護聖人サン・ロレンツォに捧げるために建設されたゴシック様式の聖堂で、第一礼拝堂にはマニエリスムの画家フェデリコ・バロッチ(Federico Barocci、1535~1612年)のフレスコ画キリスト降架」がある。隣接して、ルーカ・シニョレッリ(Luca Signorelli、1445頃~1523年)の「玉座の聖母子と聖人たち」などの作品があるドゥオーモ美術館がある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone