コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖母子 せいぼし

4件 の用語解説(聖母子の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

せいぼし【聖母子】

マリアとその子イエスの尊称。 「 -像」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

聖母子【せいぼし】

聖母マリアと幼児イエス・キリストの母子をいう。東方キリスト教世界で神の母(テオトコス)としてのマリア崇拝が興るにつれ,5世紀以降聖母子像が作られるようになり,種々のイコンで神秘的に表現された。
→関連項目象牙彫ベリーニ[一族]リッピ[父子]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいぼし【聖母子 Madonna and Child】

キリスト教美術の主題の一つで,幼児イエスを伴う聖母マリアの表現。崇拝や祈願の対象として,説話的場面から独立した表現がとられる。5世紀に神の母テオトコスとしてのマリアが教義的に公認されてのち,急速に普及した。最も古い例ではすでにプリシラPriscillaカタコンベ(ローマ)にみられるが,初期キリスト教美術では5世紀以来,マリアの神性を強調し,もっぱら不動で厳粛な《玉座の聖母子》として表現された。大々的な展開は,イコノクラスム以降のビザンティン美術に生じ,いわゆるイコンとして数多くの型式が確立された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖母子
せいぼし

聖母マリアと幼児イエスをいう。『新約聖書』によればマリアはダビデ家に属し(「ルカ伝福音(ふくいん)書」1章27節)、ヨセフと婚約したが聖霊によって懐胎し、イエスを産んだ。キリスト教信者はこのイエスが救い主であり、神の独子(ひとりご)が人となられた方であると信ずる。第3回エフェソス公会議(431)がマリアを「神の母」として教義的に公認して以後、カトリック教会では「神の母」マリアへの崇敬が急速に広まった。マリアは神の子イエスにもっとも近い方であるから、マリアに取次ぎを願うのである。この信心のために、マリアと幼児を聖母子として崇(あが)めるようになった。[門脇佳吉]

聖母子像

キリスト教美術の図像の一つ。幼児イエスを胸に抱いた聖母マリアの表現だが、物語場面ではなく、神の母(テオトコス)としての聖母マリアの神性顕示を目的とした礼拝像である。431年の第3回エフェソス公会議でのマリアの神性宣告ののち、キリスト教美術に登場した表現とみなされている。
 3~4世紀のローマのカタコンベ(地下墓所)壁画にも聖母子像とおぼしき作例があるが、確証はない。エフェソス公会議ののち、各地に聖母崇拝が生まれ、マリアに捧(ささ)げられた教会が次々に建てられ、聖母子像も壁画に描かれていたと思われるが、5世紀の作例は現存しない。6世紀以降の教会壁画やイコンに聖母子像表現が盛んになる。その表現形式は、立像の聖母が左腕にキリストを抱きかかえるホディギトリア型、正面を向いた座像の聖母が膝(ひざ)にキリストを抱えるニコポイア型を基本型とし、9世紀のイコノクラスム(聖像破壊運動)終結後には、多彩なバリエーションが生まれた。
 ビザンティン美術の聖母子像は、荘厳なる母の役割が導き手(ホディギトリア)、勝利者(ニコポイア)といった意味をもっていたのに対して、西欧の聖母子像はあくまでもマリアの人間的な優しさを強調したものが多く、マリアがひざまずいて幼児イエスを崇拝する形式も生まれた。「授乳の聖母」や「謙遜(けんそん)の聖母」などの内容を伝えるものもある。白や赤のバラの垣根を背にした「バラ垣の聖母」や、点景として配されるスズランやスミレの花なども聖母の優しさの表現であり、また、楽園の象徴でもあった。そして、これらの図像を母胎として、盛期ルネサンスには戸外の風景を背景とする聖母子像が多数つくられた。G・ベッリーニの『牧場の聖母』(ロンドン、ナショナル・ギャラリー)、ラファエッロの『鶸(ひわ)の聖母』(ウフィツィ美術館)、レオナルド・ダ・ビンチの『岩窟(がんくつ)の聖母』(ルーブル美術館)などはその代表的作例であり、これらイタリア美術における聖母子像はしばしば「マドンナ」Madonnaともよばれている。聖母とイエスが頬(ほお)をすり寄せる表現もあるが、ビザンティン美術ではマリアはわが子の運命を案ずるような深い悲しみの表情をたたえ、イエスは無邪気に頬をすり寄せている。これに対して、西欧美術ではその関係は逆転して、あくまでも慈しみに満ちた聖母、母たるマリアの表現になっている。[名取四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の聖母子の言及

【マリア】より

…聖母像はまずこれを独立像と説話図像とに分けることができる。
[独立像]
 独立像は多く礼拝や祈願の対象とされるもので,ふつう〈神の母〉としての性格を明示するために聖子を抱いた聖母子の形をとる。その古い例はすでに初期キリスト教時代のカタコンベの壁画に現れているが(ローマ,プリシラのカタコンベなど),礼拝像としての聖母子像がとくに発達を始めたのは,前述のテオトコスの教義が確立したエフェソス公会議以後のことと思われ,さらに6世紀以後に普及の度を速めたらしい(ローマ,コモディラのカタコンベ壁画,シナイのカタリナ修道院のイコンなどが現存例)。…

【ラファエロ】より

…1504年秋ごろからフィレンツェに移り,フィレンツェ派,とくにレオナルド・ダ・ビンチの作品を学んで,静謐で安定した様式を完成した。この時期の代表的作品として,《聖母の埋葬》(ボルゲーゼ美術館),《アニョロおよびマッダレーナ・ドーニの肖像》(ピッティ美術館)のほか,《大公の聖母》(ピッティ美術館),《ひわの聖母》(ウフィツィ美術館),《牧場の聖母》(ウィーン美術史美術館),《美しき女庭師》(ルーブル美術館)など,多くの聖母子像が挙げられる。08年,教皇ユリウス2世に招かれてローマに赴き,ユリウス2世,レオ10世の下でバチカン宮殿の〈署名(セニャトゥーラ)の間〉(1508‐11),〈エリオドーロの間〉(1511‐14),〈ボルゴの火災(インチェンディオ)の間〉(1514‐17),〈ロッジア〉(1517‐19)などの装飾活動に従事した。…

※「聖母子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

聖母子の関連キーワード初期キリスト教美術聖母イエス・キリスト基督キリスト教会耶蘇キリスト教社会同盟キリスト教徒聖骸布中東とキリスト教

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖母子の関連情報