コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペロポニソス半島 ペロポニソスはんとうPelopónnisos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペロポニソス半島
ペロポニソスはんとう
Pelopónnisos

古代ギリシア語読みではペロポネソス Peloponnēsos。ギリシア南西部にある半島で,バルカン半島の最南部をなす。西はイオニア海,東はエーゲ海に面し,バルカン半島本体とはパトライコス,コリンシアコス,サロニコスの各湾によってへだてられ,わずかにコリンソス地峡によって結ばれる。大部分は山地で,エブロタス,アルフィオスなどの川の沿岸に小平野が開ける。全体に地中海性気候の特色を示すが,降水量は西部から東部に向って減少。前二千年紀にミケーネ,ティリンス,ピュロスなどを中心にミケーネ文明が発達。前8~7世紀以降スパルタ,アルゴスなどのポリスが繁栄。ペロポネソス戦争ではスパルタがアテネを破ったが,のちマケドニアに支配され,前 146年ローマ領。その後ビザンチン,ベネチア,スラブ,フランス,オスマン帝国と支配が入り乱れて交代し,1821~29年のギリシア独立戦争でギリシア領。中心都市は北部のパトレで,アテネ,セサロニキに次ぐギリシア第3の都市として商工業が発展しているが,南部は立ち遅れが目立つ。ブドウの主産地。各地に古代遺跡があり,観光客が多い。面積約2万 km2人口 107万 7002 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ペロポニソス半島の関連キーワードアポロン・エピキュリオス神殿[バッセ]コリンシアコス湾アルフィオス川アルゴリコス湾ナバリノの戦いパレオロゴス朝ナフプリオンアルカディアミケーネ遺跡コリント運河ザキンソス島サロニコス湾コリンソストリポリスピルゴスクレタ島イシオンラコニアミストラカラマタ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android