コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウキタケ(箒茸) ホウキタケRamaria botrytis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウキタケ(箒茸)
ホウキタケ
Ramaria botrytis

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科。一名ネズミタケ。広葉樹林下の地上に生える。子実体は比較的大きく,高さ7~15cm,径6~20cmの塊となる。太い茎が次第に枝分れして,カリフラワーのような形になる。子実体頭部の色は白色,のちに淡黄色,帯赤黄色,紅色,紫色または淡紅紫色などになる。香気,味がよく食用となる。北海道,本州,九州に産し,ヨーロッパ北アメリカ,中国などにも分布する。近似の種が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報