香気(読み)コウキ

  • こうき カウ‥
  • こうき〔カウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 よいにおい。よいかおり。こうけ。
※経国集(827)一〇・和惟逸人春道秋日臥疾華厳山寺精舎之作〈嵯峨天皇〉「天花流邃澗。香気度烟霄
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「二ツの含(つぼみ)は忽然と開きて、香気(カウキ)はじめにいやましたり」 〔列子‐湯問〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香気の関連情報