香気(読み)こうき

精選版 日本国語大辞典「香気」の解説

こう‐き カウ‥【香気】

〘名〙 よいにおい。よいかおり。こうけ。
経国集(827)一〇・和惟逸人春道秋日臥疾華厳山寺精舎之作〈嵯峨天皇〉「天花流邃澗気度烟霄
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「二ツの含(つぼみ)は忽然と開きて、香気(カウキ)はじめにいやましたり」 〔列子‐湯問〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android