コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリフラワー カリフラワー Brassica oleracea var. botrys; cauliflower

8件 の用語解説(カリフラワーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリフラワー
カリフラワー
Brassica oleracea var. botrys; cauliflower

アブラナ科で,キャベツの1変種とされる。明治初期に渡来した。太い茎は高さ 40~80cmとなり,披針形で 30~50cmの大きな葉は質が厚く白粉を帯びる。この葉に包まれるように白色の退化した幼花序が球形につく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カリフラワー(cauliflower)

ヨーロッパ産のキャベツから改良された野菜。太く短い茎に長楕円形の葉が放射状につき、結球しない。春、花が咲く前に、白いつぼみの球状の集まりを収穫し、食用にする。日本には明治初年に渡来し、昭和30年(1955)ころから普及。花椰菜(はなやさい)。花キャベツ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カリフラワー

ハナヤサイとも。ヨーロッパ西海岸原産のアブラナ科の野菜。葉は楕円形で根ぎわから茎につき,茎頂についた乳白色の花蕾(からい)を食用にする。花蕾は無数の小花に分かれ,多肉化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

カリフラワー

 [Brassica oleracea(botrytis group)].花キャベツ,花ボタンともいう.フウチョウソウアブラナ科アブラナ属の一〜二年草で食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

かりふらわー【カリフラワー】

《栄養と働き》
 アブラナ科の野菜で、キャベツと同じ仲間です。ブロッコリー突然変異によって白化したもので、地中海沿岸が原産地です。
 わが国ではブロッコリーよりも早く普及したにもかかわらず、人気はブロッコリーのほうが上のようです。しかし、近年では発がん物質を抑制する成分が含まれていることがわかり、注目されている花野菜です。
○栄養成分としての働き
 アブラナ科のカリフラワーには、イソチオシアネートという物質が含まれています。これは発がん物質の活性化を阻む働きをします。
 また、ビタミンCが豊富な点がカリフラワーの特徴。ゆでたカリフラワー100gを食べると、1日の必要量の50%を満たすことができます。
 ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、メラニン色素の生成を阻害するので、美肌に効果的なのはもちろんですが、体の免疫力を高める白血球の働きを強化するので、ウイルスに対する抵抗力がつきます。さらに、胃や肝臓などの発がん物質として知られているニトロソアミンの合成を妨げます。細胞の酸化を防ぐ抗酸化物質でもあり、がん細胞の増殖を抑える働きもあります。
 これらイソチオシアネートとビタミンCの相乗効果で、がん予防の効果を期待できる野菜です。
 また、ビタミンCには抗ストレス作用があるので、精神的な疲労をやわらげる働きもあります。
 食物繊維の含有量も100g中2.9gと、キャベツの1.8g、ハクサイの1.3gを上回ります。食物繊維は整腸の働きがあり、便秘(べんぴ)の改善などに有効です。
ビタミンB1・B2が豊富で、老化・動脈硬化を予防〉
 ビタミンB1、B2も多く、動脈硬化の原因となったり、老化を進行させる過酸化脂質の増加を抑えます。
《調理のポイント
 旬(しゅん)は冬から晩春にかけて。小さくてもズッシリと重く感じるものが、水分が多くおすすめです。つぼみが開花していなくて、新鮮な外葉がついているものを選びます。全体的に丸く、白いものが良質です。外葉が捨てられているものは古いものが多いので注意しましょう。小花の茎が部分的に伸びていたり、変色しているものも熟れすぎか古いものです。
 アクがあるのでゆでてから料理します。ゆでるときに小麦粉を少し入れると沸点があがり、時間が短縮できるので、ビタミンCの損失を抑えることができます。ほのかな甘みも損なわれず、アクもよく抜けます。また、レモン切れ端や酢を入れると白さがよくでます。ゆでたあとは水につけず、そのままザルに広げて冷ましたほうが水っぽくなりません。
 クセがないのでシチューポタージュサラダ、煮ものといろいろな料理に使えます。
 ニンジンキュウリなどといっしょに甘酢に漬け、ピクルスにしておけば常備菜として利用できます。
 花の部分よりも茎の部分のほうが倍近いビタミンCを含んでいるので、なるべく残さず利用しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版の解説

カリフラワー【cauliflower】

アブラナ科のキャベツと同一種とされる一~二年草(イラスト)。ハナヤサイともいい,花序とつぼみの集合体が肥大したものを食用とする野菜。東部地中海沿岸のシリア地方の野生カンランB.creticaから栽培分化したものとされている。紀元前6世紀にはすでに記録があり,15~16世紀にイタリアフランスで改良され,18世紀にはイギリスで,さらに19世紀になってからはアメリカで改良が進んだ。また熱帯地方のインドフィリピン,中国南部や中近東地域にも導入され,独特の品種分化がなされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カリフラワー【cauliflower】

キャベツの一変種。結球せず、直立した茎の頂上に白いつぼみが球状に密集する。これをゆでて食べる。ハナキャベツ。ハナヤサイ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリフラワー
かりふらわー
cauliflower
[学]Brassica oleracea L. var. botrytis L.

アブラナ科の多年草。栽培上は一年草ないし越年草として扱われる。キャベツの1変種で、花蕾(からい)が発育しなくなり、花柄が肥大してしかも白化したもの。カリフラワーの名はcole flower(キャベツの花)に由来する。また、ハナヤサイともいう。ヨーロッパ西岸地域原産で、紀元前6世紀ころから花茎の肥厚するものが知られていた。ローマ時代にはカリフラワーの祖先ともいうべきものが栽培され、珍重され、これから現在のカリフラワーが生じたものと考えられる。ヨーロッパでは18世紀ころから重要な野菜の一つとなり、とくにデンマークで品種改良が進んだ。日本へは明治初年に渡来し、三田(みた)育種場の『舶来穀菜要覧』には、花椰菜(はなやさい)、はなはぼたん、英名カウリフラワー7品種が載っているが、採種が困難なことなどから普及しなかった。第二次世界大戦後、食生活の欧米化に伴って消費が増大し、1955年(昭和30)ころから急速に普及した。春播(ま)きは11、12月ころ、秋播きは翌年6月ころに収穫する。収穫前には葉を縛って花球を包み、純白な花蕾を収穫する。[星川清親]

食品

肥厚した乳白色の花球curdをゆでて西洋料理に広く用いる。くせのない野菜で、汁の実など和食にもあう。栽培時の温度条件などにより、花蕾が正常に発育してしまって、花球に粒状のつぼみや葉片が現れたものは避け、新鮮な締まった花球を選ぶ。調理には、まず、食塩、小麦粉、酢またはレモン汁を入れた湯で丸ごとゆでる。それから小房に切り分けて用いる。なまの花球100グラム中にビタミンC65ミリグラムを含む。ただし、ゆでたものでは42ミリグラムまで減ってしまう。12月から翌年の2月ころが旬(しゅん)になる。[星川清親]
『農耕と園芸編集部編『ブロッコリー・カリフラワー――生理と栽培技術』(1988・誠文堂新光社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカリフラワーの言及

【ブロッコリー】より

…アブラナ科の一・二年草(イラスト)。キャベツの1変種で,カリフラワーの原種と考えられている。和名の別名をメハナヤサイ,ミドリハナヤサイともいう。キャベツ類のとう立ちをした花軸を利用することからこの名がついた。葉は濃緑色で欠刻があり,主茎の頂部または葉腋(ようえき)から出た側枝の頂部には発達した濃緑色のつぼみの集合体を形成する。品種には早晩性があり,頂花蕾(ちようからい)専用種と側花蕾も利用できるものとがある。…

※「カリフラワー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カリフラワーの関連キーワード体菜水菜芥藍芥菜芥藍菜大根葉虫ペパーグラスチンゲンツァイナバナミズナ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カリフラワーの関連情報