コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウロクタケ(焙烙茸) ホウロクタケTrametes dickinsii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウロクタケ(焙烙茸)
ホウロクタケ
Trametes dickinsii

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。種々の広葉樹の切り株や倒木に発生する。これらの材に褐色腐朽を起す有害菌とも考えられる。子実体は革質で半円形,扁平で宿主の樹幹に平らに着生する。しばしば何枚も重なって生じる。厚さは1~2.5cmにすぎないが,横径5~20cmにもなる。表面は汚褐色で,平滑,浅い環状の溝と細かな放射状の皺がある。ときどき中央近くに平らないぼをもっているものもある。裏面には円形,ときとしてはそれが迷路状につながって不規則な網状になった管孔がみられる。日本全土,台湾,中国およびインドにまで広く分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone