コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホットスタンプ hot stamp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホットスタンプ
hot stamp

箔押しともいう。製本の表紙や背などに金箔または色箔で文字や模様を加熱,加圧して押印すること。版は真鍮版を彫刻したものがよいが,数量の少い場合は銅凸版,電鋳版などを使用することもある。プラスチックなどに施す場合は金版で押圧する以外に,成型品などの凸状の部分にだけラバ押しで転写する場合もあり,平圧だけでなく,ロール転写の機械もある。また,木目などの印刷箔を使って,成型品の側面などに飾りつけすることもあり,グラビア印刷,オフセット印刷またはシルクスクリーンなどの多色箔を使って,プラスチックのボトルや円筒などの側面に押印することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホットスタンプの関連キーワード加熱転写印刷箔押し

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android