コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホブスゴル・ノール[湖] ホブスゴルノール

1件 の用語解説(ホブスゴル・ノール[湖]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホブスゴル・ノール[湖]【ホブスゴルノール】

モンゴル北部にあり,南北に長い構造湖。コソゴル湖とも。東サヤン山脈の主峰ムンク・サルディク山の南麓にある。ロシア国境に近く,東岸をウリヤスタイイルクーツクを結ぶ自動車道路が走る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ホブスゴル・ノール[湖]の関連キーワードオノン川ボスニア湾マラウイモンゴル語モンゴル文字内モンゴル自治区オイラート綏遠蒙古戈壁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone