コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホベイダ Hoveida, Amir Abbas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホベイダ
Hoveida, Amir Abbas

[生]1919.2.
[没]1979.4.7. テヘラン
イランの外交官,政治家。ブリュッセル大学,パリ大学などに学び,1942年外務省に入った。ヨーロッパ局長,トルコ駐在大使館参事官をつとめ,58年イラン国営石油会社理事となり,のち同総裁。 64年副首相兼蔵相,翌 65年 H.A.マンスール首相の暗殺に伴い首相,67年と 71年の総選挙で与党 (新イラン党) が圧倒的勝利を収め留任。 75年3月国王ムハンマド・レザー・シャー (パーレビ) のもとで「白色革命」推進のための唯一の政党であるイラン国家再興党 INRPが創設されると,その総裁に就任。国内的には経済成長率の維持,軍事力の強化,対外的には西側につきながらソ連圏諸国との経済関係拡大にも努めたが,イラン・イスラム革命後の 79年4月7日革命委員会の手で処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホベイダの関連キーワード外交官留任

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android