コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白色革命 はくしょくかくめいInqilāb-i Sefīd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白色革命
はくしょくかくめい
Inqilāb-i Sefīd

「国王と国民の革命」 Inqilāb-i Shāh o Millatともいう。 1963年国民投票によって承認されたイランの国王の側からの改革。 1950年代イランは政治的に不安定であったが,ムハンマド・レザー・シャーは 60年代初めに国王中心型の権力確立を目指して,61~63年に議会を解散させみずからの大権で改革を準備した。 63年1月,次の6項目から成る「白色革命」を国民投票にかけた。すなわち (1) 農地改革,(2) 森林,牧草地の国有化,(3) 国有工場の払下げ,(4) 工場労働者に対する企業の利益配分,(5) 婦人参政権,(6) セパーエ・ダーニシの創設であり,特に (1) に重点がおかれた。 65年までに (7) 保健部隊,(8) 開発部隊,(9) 村落裁判所の設置が加えられて,農地改革以後の農村の改造を目指した。 67年 10月にさらに,(10) 水資源国有化,(11) 都市と地方の再開発,(12) 行政・教育改革が追加された。これら「十二大改革」は低開発水準から急速な社会,経済,文化の改革を目指した措置で,60年代後半からの経済の高度成長に支えられて実施された。他方,この改革は大きな社会,経済のひずみをもたらし,その是正のため,75年8月,(13) 私企業株式の一般公開,(14) インフレ抑止,が勅令として発布された。 12月7日,(15) 教育の無料化を,同月 23日,(16) 幼児への無料給食,(17) 保険制度の拡充,を追加したが,イラン革命でこれらは解消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の白色革命の言及

【イラン】より

…それはイランをめぐる英ソの勢力均衡を巧みに利用したものであった。 第2次大戦後,モハンマド・レザー・パフラビーは,イランをめぐる冷戦体制のもとで,アメリカとの結びつきを強め,イランの近代国家への脱皮が主権国家への道であることを旗印に,1963年以降白色革命とよばれる上からの強引な〈近代化〉政策を推進する。70年代以降は,増大する石油収入に自信を深め,国王主導型路線を邁進し,これを保証するサバクSAVAKをはじめとする膨大な抑圧機構をつくりあげる。…

【パフラビー朝】より

…57年治安機構(SAVAK)を設立,58年パフラビー財団を創設して社会事業も始めた。60年ファラハ王妃との間に皇太子が誕生,63年白色革命が国民投票で承認された。しかし70年代後半には,石油ブームが特権層のみを潤す形となり,国民各層に広範な経済的不満が広がり,78年これらは反国王デモに結集され,ついにイラン革命で国王は79年1月国外に脱出。…

【モハンマド・レザー・パフラビー】より

…こののち,秘密警察(SAVAK)を設けて反国王運動を弾圧した。62年,農地改革令を発し,63年以降〈白色革命〉を推進して,国王独裁体制を完成した。しかし,70年代後半から経済政策が破綻し,国王独裁体制に反対する広範な勢力を結集したイラン革命が起こると,79年1月イランを逃れ,80年エジプトで病死した。…

※「白色革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白色革命の関連キーワードシャリーアト・マダーリー民族戦線[イラン]R. ホメイニーホルムズ海峡パフラビー朝バザルガン白い革命家パーレビーホメイニーハメネイテヘランホベイダパーレビ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android