コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーレビ ぱーれび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーレビ

ムハンマド・レザー・シャー」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーレビ
ぱーれび
Mohammad Re Pahlavi
(1919―1980)

イラン・パーレビ朝(パフラビー朝)第2代の王(1941~1979)。スイスに留学し、テヘラン軍事アカデミーで学んだ。第二次世界大戦下、英ソ両国の圧力で退位した王朝創設者の父レザー・シャーにかわり、1941年21歳で即位。1951~1953年、モサデク政権による石油国有化運動で国王権力は揺らぎ、1953年8月ローマに国外退避した。しかし、3日後の軍部とアメリカのCIA(中央情報局)による反モサデク・クーデターの成功で帰国し、以降アメリカがイギリスにかわってイランを牛耳(ぎゅうじ)ることになった。1957年、後年大いに恐れられた秘密警察SAVAK(サバク)を創設した。その国王権力は、1963年以降の農地改革、教育部隊の設置、工場労働者への利益還元、女性参政権の付与などを含む「白色革命」によって確立された。1971年10月にはペルセポリスで古代アケメネス朝ペルシアの朝貢を模倣したイラン建国2500年祭を主催した。しかし、石油の有限性や富の偏在性などの問題に対処できず、国民の蜂起(ほうき)(イラン革命)の前に1979年1月に再度イラン出国を余儀なくされ、カイロ、モロッコを経てアメリカに移った。1980年3月にエジプトの大統領サダトの招きでカイロに戻り、4か月後に死去。[加納弘勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパーレビの言及

【モハンマド・レザー・パフラビー】より

…在位1941‐79年。日本では,しばしばパーレビと記される。レザー・シャー・パフラビーの皇太子で,第2次世界大戦下に父王が退位を余儀なくされ,これに代わって即位。…

※「パーレビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パーレビの関連キーワードアリ・アクバル・ハシェミ ラフサンジャニイラン革命と米大使館占拠人質事件モハンマド・レザー・パフラビーモハンマド・レザー・パフラビーモハマド・A. ラジャイアリ・ホセイン ハメネイイラン・イラク戦争核疑惑(イランの)イスラム原理主義M. バザルガンモハマド ハタミR. ホメイニーS. バクチアルブシェール原発カマル ハラジ在外イラン人モンタゼリ3月16日モサッデクバザルガン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パーレビの関連情報