コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総裁 そうさい

4件 の用語解説(総裁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総裁
そうさい

一般には組織の長の名称の一つ。日本銀行自由民主党の長などはこれを名のるが,歴史的には慶応3 (1867) 年 12月9日の王政復古の大号令とともに摂関,征夷大将軍制を廃して設けられた維新政府の最高職をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そう‐さい【総裁】

政党銀行公社などの長として、全体を取りまとめる職務。また、その人。「総裁選挙」「日銀総裁
慶応3年12月9日(1868年1月3日)王政復古の大号令発布の際に設置された明治新政府の最高官職。議定(ぎじょう)参与とともに三職の一。同4年廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうさい【総裁】

政党・公団などの団体の長として全体を治める職。また、その人。
王政復古により置かれた明治新政府の官職名。有栖川宮熾仁親王が就任したが、1868年(明治1)閏四月の官制改定により廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総裁
そうさい

明治初年の中央政府の最高職。1867年(慶応3)12月、王政復古の政変によって新設された三職の一つ。三職のうち、議定(ぎじょう)、参与は幕末の上下議院論の着想に基づいている。総裁は天皇が弱年のために置かれたもので、その職掌は「幕機ヲ総裁シ一切ノ事務ヲ決ス」とあって、天皇の代理とみることができる。日本には、太政(だいじょう)大臣とか摂政(せっしょう)とか、天皇に近い権能をもつ臨時の官職を置くことがあったが、この慣行に基づいて設置されたのであろう。有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王がこの職にあった。1868年(慶応4)正月9日、副総裁職が置かれ、三条実美(さんじょうさねとみ)、岩倉具視(いわくらともみ)が任命された。いずれも同年閏(うるう)4月21日の太政官(だじょうかん)制の復活に伴って廃絶された。[井上 勲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の総裁の言及

【三職】より

…明治初年,政府により制定され,太政官制の布告によって廃止されるまで,約6ヵ月間存続した官制。1867年(慶応3)12月,王政復古の大号令により,明治政府が成立するとともに,総裁,議定,参与の三職が設置された。総裁には有栖川宮熾仁(たるひと)親王が任ぜられて,国政を総理した。…

※「総裁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

総裁の関連キーワード軍民政権対外対内チェリー花菱鏞宮(■1)政《独立宣言――政治思想史の一研究》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

総裁の関連情報