総裁(読み)そうさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総裁
そうさい

一般には組織の長の名称の一つ。日本銀行,自由民主党の長などはこれを名のるが,歴史的には慶応3 (1867) 年 12月9日の王政復古の大号令とともに摂関,征夷大将軍制を廃して設けられた維新政府の最高職をいう。議定参与を含む「三職」の一つ。総裁は有栖川宮熾仁親王。翌同4 (68) 年1月9日,副総裁の職が設けられ,三条実美,岩倉具視が議定のままこれを兼任した。次いで同2月3日,政府の職が「三職八局の制」に改革されたとき,総裁局がおかれ総裁はその長となった。総裁局はほか7局を指揮,統率した。さらに同閏4月 21日「七官両局の制」の採用により「三職」が廃され,総裁は輔相にその職務を譲った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうさい【総裁】

政党・公団などの団体の長として全体を治める職。また、その人。
王政復古により置かれた明治新政府の官職名。有栖川宮熾仁親王が就任したが、1868年(明治1)閏四月の官制改定により廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総裁
そうさい

明治初年の中央政府の最高職。1867年(慶応3)12月、王政復古の政変によって新設された三職の一つ。三職のうち、議定(ぎじょう)、参与は幕末の上下議院論の着想に基づいている。総裁は天皇が弱年のために置かれたもので、その職掌は「幕機ヲ総裁シ一切ノ事務ヲ決ス」とあって、天皇の代理とみることができる。日本には、太政(だいじょう)大臣とか摂政(せっしょう)とか、天皇に近い権能をもつ臨時の官職を置くことがあったが、この慣行に基づいて設置されたのであろう。有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王がこの職にあった。1868年(慶応4)正月9日、副総裁職が置かれ、三条実美(さんじょうさねとみ)、岩倉具視(いわくらともみ)が任命された。いずれも同年閏(うるう)4月21日の太政官(だじょうかん)制の復活に伴って廃絶された。[井上 勲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐さい【総裁】

〘名〙
① (━する) 全体を総括して裁決すること。〔新令字解(1868)〕
※東京大正博覧会出品之精華(1914)〈古林亀治郎〉六『地紙サ印』「専務理事として劇務を総裁し」 〔宋史‐呂蒙正〕
② 慶応三年(一八六七)一二月九日、王政復古大号令が発布されたとき置かれた最高官の一つ。皇族がこれに任ぜられ、すべての政治をつかさどり、いっさいの事務を裁決した職。議定、参与とともに三職といった。明治元年(一八六八)閏(うるう)四月に廃止された。
※議奏言渡‐慶応三年(1867)一二月一四日(古事類苑・官位八)「三職人撰 総裁有栖川宮 議定仁和寺宮〈略〉参与大原宰相」
③ 公社・銀行・政党など、ある機関や団体の長。
※財政経済史料‐一〇・拾遺・安政三年(1856)八月八日「講武所総裁両人、蘭名スクーネル君沢形御船乗様し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の総裁の言及

【三職】より

…明治初年,政府により制定され,太政官制の布告によって廃止されるまで,約6ヵ月間存続した官制。1867年(慶応3)12月,王政復古の大号令により,明治政府が成立するとともに,総裁,議定,参与の三職が設置された。総裁には有栖川宮熾仁(たるひと)親王が任ぜられて,国政を総理した。…

※「総裁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総裁の関連情報