コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホメロス的直喩法 ホメロスてきちょくゆほうHomeric simile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホメロス的直喩法
ホメロスてきちょくゆほう
Homeric simile

形成的,持続的な比喩で,たとえられるものがしばらく見失われるほどに詳細かつ長々と繰広げられる直喩。叙事詩的直喩ともいい,ホメロスに始って,ウェルギリウスミルトンその他の叙事詩人に模倣された。たとえばミルトンの『失楽園』では,エデンの園を歩くサタンが 10行にわたって獲物をねらうはげたかにたとえられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android