コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルミルメチオニン

栄養・生化学辞典の解説

ホルミルメチオニン

 フォルミルメチオニンともいう.メチオニンのアミノ基がホルミル化された物質.タンパク質合成の最初の段階のアミノ酸で,生成するペプチド鎖のN末端アミノ酸となる.翻訳過程で除去される場合が多く,完成したペプチド鎖では通常除去されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ホルミルメチオニンの関連キーワードコドン

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android