アミノ基(読み)アミノき(英語表記)amino group

翻訳|amino group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミノ基
アミノき
amino group

-NH2 で表わされる1価の基。アンモニアから水素原子1個を除いたものに相当する。炭化水素基とアミノ基が結合した化合物はアミンと呼ばれる。アミノ基の水素原子がさらにメチル基,エチル基などで置換された場合,置換アミノ基と呼ばれることがある。アミノ基は一般に塩基性の官能基で,酸と塩をつくる。酸アミドの構造にも含まれているが,この場合はほとんど中性で,特にアミド基と呼んで区別することが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アミノ基【アミノき】

アンモニアNH3の水素を1個除いた原子団−NH2をいう。アミンRNH2,酸アミドRCONH2などがアミノ基を含む代表的な化合物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アミノき【アミノ基】

-NH2 の形をもった基。アミノ基を含む化合物は第一級アミンまたは単にアミンと呼ばれ、弱い塩基性を示す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミノ基
あみのき
amino group

-NH2という1価の基。この基をもつ化合物には第一アミンR-NH2、酸アミドRCONH2、スルホンアミドRSO2NH2(Rは炭化水素残基)などの有機アミノ化合物のほかヒドロキシルアミンNH2OH、ヒドラジンNH2NH2などの無機アミノ化合物がある。[山本 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アミノ‐き【アミノ基】

〘名〙 (アミノはamino) 第一アミンアミノ酸に含まれる基。記号 -NH2 これをもつ化合物(アミノ化合物)は一般に水に溶けにくく、特有のにおいがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android