コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスコレアーレの遺宝 ボスコレアーレのいほう

1件 の用語解説(ボスコレアーレの遺宝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボスコレアーレのいほう【ボスコレアーレの遺宝】

ベスビオ山南山ろく,ポンペイの北約3kmにあるボスコレアーレBoscorealeから19世紀末に出土した帝政ローマ時代の金属器。現在,ルーブル美術館ナポリ国立考古博物館などに収蔵されている。遺宝は主に青銅製,銀製の食器から成るが,私的発掘であったため正確な数は不明。銀器には〈玉座にあるアウグストゥス〉と〈ティベリウスの凱旋〉を打出しによって表した把手付碗や,アフリカもしくはエジプトの擬人像(もしくはクレオパトラ)を表す銀皿などがあり,アウグストゥス時代の美術を知る資料として貴重な位置を占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のボスコレアーレの遺宝の言及

【ローマ美術】より


【工芸】
 ローマの工芸の特徴は,広範な領土から採れる貴金属や貴石・宝石を潤沢に使用した点にある。それは,たとえばボスコレアーレから出土した帝政期の多数の金属器(いわゆる〈ボスコレアーレの遺宝〉)にうかがえる。ヘレニズム時代に盛んとなった彫玉は,ローマ貴族の豪勢な生活文化と一致して,《ゲンマ・アウグステア(アウグストゥスの宝玉)》《フランスのカメオ》などの優品を生んだ。…

※「ボスコレアーレの遺宝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボスコレアーレの遺宝の関連キーワードヘルクラネウムボスコレアーレガリンペイロ親兵ベスビアス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone