コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボファ ボファBoffa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボファ
Boffa

ギニア南西部の漁港町。コナクリ北北西約 80km,大西洋の小湾奥に位置。かつて奴隷の集積地であったが,1860年代からフランスの交易地となり野生ゴムを輸出。しかしマングローブと砂州の発達により港湾としての発展がはばまれた。商業中心地で,魚,米,バナナパーム油パーム核などが取引される。人口2万 8885 (1983推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボファの関連情報