コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボファ Boffa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボファ
Boffa

ギニア南西部の漁港町。コナクリ北北西約 80km,大西洋の小湾奥に位置。かつて奴隷の集積地であったが,1860年代からフランスの交易地となり野生ゴムを輸出。しかしマングローブ砂州の発達により港湾としての発展がはばまれた。商業中心地で,魚,米,バナナ,パーム油パーム核などが取引される。人口2万 8885 (1983推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボファの関連キーワードゼネラル・ダイナミックスFマクドネル・ダグラスFボーイングF/Aボーイング787ドリームライナーグラマンFターボジェット・エンジンターボプロップエンジンターボファン・エンジンツポレフTuツポレフTuパナビア・トーネードターボファンエンジンツポレフTuボーイングBロックウェルBスホイSuタービンエンジン航空機の推進装置ミグMiGミグMiG

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android