コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボリスとグレープ Boris i Gleb

世界大百科事典 第2版の解説

ボリスとグレープ【Boris i Gleb】

ロシアに公式にキリスト教を導入したキエフ・ロシアの大公ウラジーミルの子で,兄弟。洗礼名ロマンとダビドRoman i Davidでも知られる。ウラジーミルの没後の1015年,ボリスとグレープの兄弟は権力の確保をはかった長子スビャトポルクSvyatopolk(980ころ‐1019)の刺客の手にかかって次々に殺された。抵抗もせずに,ひたすら神に祈りながら刺客の到来を待ったという態度がケノーシスkenōsis(自己を空しくすること)の典型と考えられ,スビャトポルクの次のヤロスラフ大公の時代に両者の遺骨が合わせて改葬され,ロシア教会の聖人の列に加えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のボリスとグレープの言及

【キエフ・ロシア】より

…その反面1185年ポロベツ人の捕虜になって脱走,生還したイーゴリ公を神の名において祝福する《イーゴリ軍記》のような作品も生まれた。長兄の刺客に無抵抗で殺され,十字架の死に至る従順さを貫き通したボリスとグレープの兄弟(ウラジーミル聖公の子)の物語も好まれた。これらは,単純な強者崇拝とは大いに異なるロシアの思想伝統の一面を示すものであった。…

※「ボリスとグレープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボリスとグレープの関連キーワードロシア文学

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android