コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺骨 イコツ

デジタル大辞泉の解説

い‐こつ〔ヰ‐〕【遺骨】

死者の火葬などにしてあとに残った骨。また、戦没者の骨。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

遺骨

内田康夫の長編推理小説。1997年刊行。浅見光彦シリーズ。

遺骨

米国の作家アーロン・エルキンズの本格ミステリー(1991)。原題《Make No Bones》。“スケルトン探偵”ギデオン・オリヴァーのシリーズ第7作。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いこつ【遺骨】

火葬にしたあとの死者の骨。
戦死者などの死後に残された骨。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の遺骨の言及

【納骨】より

…死者の遺骨を霊場に納めて,その魂の成仏鎮魂を祈ること。7世紀末から8世紀初頭に,仏教葬である火葬の採用からはじまった。…

※「遺骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

遺骨の関連キーワード朝鮮人の遺骨返還具志堅隆松骨壺・骨壷手元供養骨になる内田康夫樹木葬帰家祭埋葬祭灰寄せ舎利殿舎利会海洋葬墓前祭蔵骨器聖遺物骨上げ仏舎利牙舎利開山塔

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遺骨の関連情報