コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺骨 イコツ

デジタル大辞泉の解説

い‐こつ〔ヰ‐〕【遺骨】

死者の火葬などにしてあとに残った骨。また、戦没者の骨。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

遺骨

内田康夫の長編推理小説。1997年刊行。浅見光彦シリーズ。

遺骨

米国の作家アーロン・エルキンズの本格ミステリー(1991)。原題《Make No Bones》。“スケルトン探偵”ギデオン・オリヴァーのシリーズ第7作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

いこつ【遺骨】

火葬にしたあとの死者の骨。
戦死者などの死後に残された骨。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の遺骨の言及

【納骨】より

…死者の遺骨を霊場に納めて,その魂の成仏鎮魂を祈ること。7世紀末から8世紀初頭に,仏教葬である火葬の採用からはじまった。…

※「遺骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

遺骨の関連キーワードフィリピンの戦没者遺骨問題シベリア抑留者の遺骨収集戦没者遺骨のDNA鑑定千鳥ヶ淵戦没者墓苑メモリアルグッズ朝鮮人の遺骨返還海外戦没者の遺骨具志堅隆松朝鮮人遺骨内田康夫骨になる手元供養帰家祭牙舎利骨上げ樹木葬蔵骨器後飾り納骨堂仏舎利

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遺骨の関連情報