コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺客 シカク

デジタル大辞泉の解説

し‐かく【刺客】

《「しきゃく」「せっかく」とも》
暗殺する人。暗殺者。
党の規律に反し離党した議員に対し選挙での公認を与えず、失脚をねらって党本部が送り込んだ対立候補。
[補説]2は、平成17年(2005)の衆院選で、自民党本部が郵政民営化に反対した自党議員に対してとった処置に始まる。
書名別項。→刺客

し‐きゃく【刺客】

しかく(刺客)

せっ‐かく〔セキ‐〕【刺客】

しかく(刺客)

しかく【刺客】[書名]

藤沢周平による時代小説シリーズ「用心棒日月抄」の第3作。昭和56年(1981)から昭和58年(1983)、「小説新潮」誌に断続的に連載。単行本は昭和58年(1983)に刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しきゃく【刺客 cì kè】

中国では,主君あるいは雇主から精神的物質的なさまざまな恩恵を受けた人物が,その恩義に報いるため,あるいは施与に対する報酬契約を履行するために,主君ないし雇主に代わって,その仇とする権力者を殺しようと試みる場合,この人物を刺客という。〈〉,とくに〈俠客〉の一種である。〈せきかく〉とも訓ずる。さしむけられる刺客の数は,ねらわれる相手の社会的状況や刺殺の方法によって実際にはさまざまであろうが,司馬遷が《史記》の中で〈刺客列伝〉を作って取り上げているのは,主君と最も深い信頼関係にある1人の人物が,刺客としてほとんど単身で死地に赴く場合である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しかく【刺客】

暗殺をする人。しきゃく。せっかく。 「 -をさしむける」

しきゃく【刺客】

せっかく【刺客】

〔「せき」は漢音〕
しかく(刺客)」に同じ。 「 -の刃やいばに命を隕おとした/渋江抽斎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の刺客の言及

【刺客】より

…中国では,主君あるいは雇主から精神的物質的なさまざまな恩恵を受けた人物が,その恩義に報いるため,あるいは施与に対する報酬契約を履行するために,主君ないし雇主に代わって,その仇とする権力者を刺殺しようと試みる場合,この人物を刺客という。〈〉,とくに〈俠客〉の一種である。…

【刺客】より

…中国では,主君あるいは雇主から精神的物質的なさまざまな恩恵を受けた人物が,その恩義に報いるため,あるいは施与に対する報酬契約を履行するために,主君ないし雇主に代わって,その仇とする権力者を刺殺しようと試みる場合,この人物を刺客という。〈〉,とくに〈俠客〉の一種である。…

※「刺客」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

刺客の関連キーワード凶刃/用心棒日月抄烏の頭が白くなるボリスとグレープ付け狙う・付狙う自民党の公認調整江戸悪党改め役烏の頭白くなる十三人の刺客美濃屋小四郎冨田亜紗子中岡慎太郎安達幸之助工藤 栄一AZUMI川田弥一郎志々目献吉闇の陽炎衆闇の処刑人刺客請負人池宮彰一郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刺客の関連情報