コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルマン線 Borrmann line

法則の辞典の解説

ボルマン線【Borrmann line】

コッセル線*,すなわち電子線回折によって生じる特性X線由来の回折図形と同じ機構であるが,結晶にX線を照射したとき,結晶内の原子から放出される特性X線の球面波が,同じ結晶による動力学的回折の結果生じる回折図形をいう.広い意味では,コッセル線*に含めることもある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android