コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボンファンテ Pietro Bonfante

世界大百科事典 第2版の解説

ボンファンテ【Pietro Bonfante】

1864‐1932
現代イタリアローマ法学者。パビア大学を経て1917年ローマ大学教授となり,さらにローマ学士院会員その他の要職に就くと同時に,幅広い学識をもって研究を行い,また,ロトンディGiovanni Rotondi,デ・フランチッシPietro De Francisciらのすぐれた研究者を多数育成し,イタリアにおけるローマ法研究を現在の隆盛に導くことに多大の功績を残した。法制度の機能の歴史的変化を強調し,また,古代ローマの家族を主権国家と類比してローマ家族法および相続法の構造とその歴史的展開を説明しようとした見解が有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボンファンテの関連キーワード満州国元治犬養毅内閣斎藤実内閣詩と詩論ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone