コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーアの対応原理 Bohr's corresponding principle

法則の辞典の解説

ボーアの対応原理【Bohr's corresponding principle】

きわめて大きな量子数 n をもつ系(すなわち対応する物理量が大きい場合)には,量子論特有の不連続性が無視できるほどになり,量子論の結果と古典論の結果はほとんど同一のものとなる.前期量子論においてボーアが主唱したものであり,後のハイゼンベルクの行列力学の基礎となった.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ボーアの対応原理の関連キーワードボーア(Niels Henrik David Bohr)マトリックス力学対応原理

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android