コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前期量子論 ぜんきりょうしろんclassical quantum theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前期量子論
ぜんきりょうしろん
classical quantum theory

1900年 M.プランクによってエネルギー量子が発見され,25年に量子力学が確立されるまで展開された量子論。量子の考えは,A.アインシュタインの光量子説による光電効果の説明,固体の内部振動に振動量子の考えを導入したアインシュタインや P.デバイによる固体の比熱式の導出,N.ボーア水素原子の理論,さらに一般の原子構造論やスペクトルの理論など,輝かしい成果を収めた。しかし,これらの理論では,ニュートン力学マクスウェルの電磁理論を適用していながら,一方ではそれらと矛盾する仮定や条件を付加しており,決して満足な理論ではなかった。たとえば,光は光量子として粒子的性質をもつが,同時に干渉回折を理解するためには電磁波として波動的性質ももたなければならない。この粒子と波動の二重性を説明するためにボーアは相補性原理を提案した。またボーアは水素原子の理論で,電荷をもつ電子が安定な軌道運動をし,軌道間の遷移の際にだけ光量子として光を放出するとしたのは,マクスウェルの電磁理論に反していながら,放出光の強さやかたよりを説明するためには電磁理論と対応させて考察するという対応原理に依存しなければならなかったからである。こうした矛盾は量子力学によって初めて解消された。量子説を古典的な力学や電磁気学に従って展開し,内部矛盾を含みながらも真実を解明していった過渡的な量子論が前期量子論である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜんき‐りょうしろん〔‐リヤウシロン〕【前期量子論】

古典量子論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

前期量子論【ぜんきりょうしろん】

量子論

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんきりょうしろん【前期量子論】

量子力学が成立する以前に原子スペクトルなどを説明するために考えられた理論。プランクによるエネルギー量子の導入に始まり、ボーアやゾンマーフェルトらにより発展した。古典量子論。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

前期量子論の関連キーワードジーンズ(Sir James Hopwood Jeans)トーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則ボルン(Max Born)ビクトル・マイヤー法ゾンマーフェルトボーアの対応原理原子スペクトルシジウィックボーア半径ボーア磁子量子条件軌道関数作用量子