コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリプロピレン繊維 ポリプロピレンせんいpolypropylene fibre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリプロピレン繊維
ポリプロピレンせんい
polypropylene fibre

ポリプロピレン溶融紡糸し,延伸および熱処理によって繊維としたもの。 1958年イタリアのモンテカティニ社で初めて工業化され,次いで 60年アメリカのアビサン社,日本の徳山曹達社でそれぞれ独自の重合法が考案された。日本で工業化されたのは 67年東洋レーヨン,三菱レーヨンなどである。繊維は比重 0.91で水より小さく,耐薬品性,引張り強さ,耐摩耗性,疎水性で繊維としてすぐれているが,熱に弱く,染色性が悪い。工業用資材,インテリア用に使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ポリプロピレン繊維の関連キーワードニードルパンチカーペット

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポリプロピレン繊維の関連情報