ポルホビリノーゲン(英語表記)porphobilinogen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ポルホビリノーゲン」の解説

ポルホビリノーゲン
porphobilinogen

δ-アミノレブリン酸脱水酵素によって2分子のδ-アミノレブリン酸から合成されるポルフィリン合成の中間体。幼若のみならず成熟赤血球および肝臓にも上記の酵素が存在する。また,急性ポルフィリン尿患者の尿中にも存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典「ポルホビリノーゲン」の解説

ポルホビリノーゲン

 C10H14N2O4 (mw226.23).

 ポルフィリン生合成の代謝中間体.δ-アミノレブリン酸から作られる.ポルフィリン症の患者では尿へ排泄され,尿を放置すると酸化されて尿が褐色に変色する原因となる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android