ポーランド通貨安定化基金(読み)ポーランドつうかあんていかききん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーランド通貨安定化基金
ポーランドつうかあんていかききん

ポーランドの経済改革を支援するために,西側5ヵ国が設立した総額 10億ドルの通貨安定化基金。 1989年7月のアルシュ・サミットで合意した東欧支援の一環として考えられた。ドイツが2億 5000万ドル,アメリカが2億ドル,日本が1億 5000万ドル,フランス・イギリス・イタリアがそれぞれ1億ドルを拠出し,スイス,カナダ,オーストリア,スペインも拠出している。市場経済の整備のためポーランドの通貨ズロチの公定レートと実勢レートを一本化することを目的としており,ズロチの市場価値を安定化させるため,この基金で市場介入が行なわれることになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android