コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイカナイト マイカナイトmicanite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイカナイト
micanite

マイカ板ともいう。雲母の小片を,耐熱性の接着剤 (合成樹脂) で貼り合せてつくった電気絶縁材料。本来は,アメリカマイカ・インシュレータ社の商品名。整流子のセグメントなどに使う硬質のもの,接着剤に不乾燥油を入れて柔軟性を増したもの,グリプタル樹脂で接着して耐熱性をよくしたものなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マイカナイト(micanite)

人工雲母(うんも)板。天然雲母では、大型のものは少なく高価なため、雲母の小片を膠着(こうちゃく)剤で貼り合わせて大型の板としたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone