合成樹脂(読み)ごうせいじゅし(英語表記)synthetic resin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合成樹脂
ごうせいじゅし
synthetic resin

天然樹脂に対する名称。合成高分子のうち,合成繊維合成ゴム以外のものをいうが,皮膜など区別が明確でないものが多く,合成高分子全体を意味することもある。可塑性をもっており,加工しやすく,軽く,電気や熱の絶縁性のよいものが多い。合成樹脂として,フェノール樹脂メラミン樹脂のような熱硬化性樹脂ポリエチレンポリ塩化ビニルポリスチレンのような熱可塑性樹脂など,用途に応じて非常に多くの種類が生産されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごうせい‐じゅし〔ガフセイ‐〕【合成樹脂】

合成高分子化合物のうち、繊維およびゴムを除いたものの総称。最初に作られたときに天然樹脂に似ていたので合成樹脂とよばれたが、樹脂ではない。プラスチックとよばれるものの大部分はこれで、熱に対する性質から、ポリ塩化ビニルポリエチレンなどの熱可塑性樹脂と、フェノール樹脂メラミン樹脂などの熱硬化性樹脂とに大別される。人造樹脂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

合成樹脂【ごうせいじゅし】

人造高分子化合物のうちですぐれた可塑性を示すものの総称。実質的にはプラスチックと同義だが,成形品になるものだけをプラスチックという場合がある。工業的生産に成功したのは,1907年ベークランドが発明したフェノール樹脂(ベークライト)が最初で,シュタウディンガーが高分子化学の理論的体系を確立してから急激な展開が始まり,さらに石油化学工業の発展で原料の供給が豊富となるに及んで飛躍的に発展。大別すると熱可塑性樹脂熱硬化性樹脂に分けられるが,現在はそのほとんどが前者である。一般に成形,加工が他の材料に比べて容易で,軽く,耐水・耐油・耐薬品性にすぐれ,電気絶縁性がよく,透明なものや着色したものを自由に作ることができる。金属や木材などの従来の材料に代わって,日用雑貨,家具,建築材料,電気部品,工業材料などに広く利用されている。→強化プラスチックプラスチック工業
→関連項目合成化学工業陽イオン交換樹脂ラミネート

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

合成樹脂

 石油や天然ガスの成分を原料として合成する高分子化合物.天然の高分子化合物を加工して製造するものも含まれる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごうせいじゅし【合成樹脂 synthetic resin】

合成高分子物質のうちで,合成繊維と合成ゴムを除いた,成形品,フィルム,接着剤,塗料として利用されるものの総称。実質上はプラスチックplasticと同義と考えてよいが,プラスチックは成形品になるもののみをいう場合がある。
合成樹脂工業
 古くから,松やに(ロジン),昆虫の分泌物シェラックなどが天然樹脂として知られ,また,半合成樹脂としてセルロイド(ニトロセルロース),アセチルセルロースなどが生産されていたが,合成樹脂工業の歴史は1907年にアメリカのL.H.ベークランドが発明したベークライトbakeliteに始まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごうせいじゅし【合成樹脂】

建築用材・各種部品・食器などに用いられる合成高分子化合物の総称。初期に合成されたものが天然樹脂に似ていたのでこの名があるが、樹脂とは異なる。ポリ塩化ビニル樹脂・アクリル樹脂などの熱可塑性樹脂と、フェノール樹脂・尿素樹脂などの熱硬化性樹脂に分けられる。 → プラスチック

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合成樹脂の関連情報