コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロスパー microspar

1件 の用語解説(マイクロスパーの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

マイクロスパー

新成作用(neomorphism)で形成された結晶質の粒のモザイクで,大きさは4~10μmで,時に50μmとなる.もとは方解石に限られていたが,その後すべての鉱物に拡張されて用いられた[Folk : 1965, Bathurst : 1971].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

マイクロスパーの関連キーワード新成作用ポーフィロイド新成作用

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone