コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロスパー microspar

岩石学辞典の解説

マイクロスパー

新成作用(neomorphism)で形成された結晶質の粒のモザイクで,大きさは4~10μmで,時に50μmとなる.もとは方解石に限られていたが,その後すべての鉱物に拡張されて用いられた[Folk : 1965, Bathurst : 1971].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

マイクロスパーの関連キーワードシュードスパー新成作用

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android