コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロスパー microspar

岩石学辞典の解説

マイクロスパー

新成作用(neomorphism)で形成された結晶質の粒のモザイクで,大きさは4~10μmで,時に50μmとなる.もとは方解石に限られていたが,その後すべての鉱物に拡張されて用いられた[Folk : 1965, Bathurst : 1971].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

マイクロスパーの関連キーワードシュードスパー新成作用

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android