コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新成作用 しんせいさようneomorphism

岩石学辞典の解説

新成作用

炭酸塩岩を構成する炭酸塩結晶の続成変化に対して提唱された語[Folk : 1965].炭酸塩鉱物の再結晶作用,相転移,交代作用も含まれ,この結果新しい組織が形成される作用をいう.ある鉱物が,それ自身のあるいは新しい結晶のモザイク状の多形に転移すること.埋積作用によるネオモルフィズムでは粒度の粗い組織となり,後退するネオモルフィズムでは細粒となる.方解石からアラゴナイトへの転移が起こる作用が進むと小量の大きな結晶が周囲の石基部分を消費して形成される.これはポーフィロイド新成作用(porphyroid neomorphism)である.徐々に粒成長が行われ均一な粒度が保たれるものが,合体新成作用(coalescive neomorhism)である[Folk : 1965].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

新成作用の関連キーワードインヴァージョンマイクロスパー歪再結晶作用埋積新成作用劣化新成作用粒度減少

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android