コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新成作用 しんせいさよう neomorphism

1件 の用語解説(新成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

新成作用

炭酸塩岩を構成する炭酸塩結晶の続成変化に対して提唱された語[Folk : 1965].炭酸塩鉱物再結晶作用,相転移,交代作用も含まれ,この結果新しい組織が形成される作用をいう.ある鉱物が,それ自身のあるいは新しい結晶のモザイク状の多形に転移すること.埋積作用によるネオモルフィズムでは粒度の粗い組織となり,後退するネオモルフィズムでは細粒となる.方解石からアラゴナイトへの転移が起こる作用が進むと小量の大きな結晶が周囲の石基部分を消費して形成される.これはポーフィロイド新成作用(porphyroid neomorphism)である.徐々に粒成長が行われ均一な粒度が保たれるものが,合体新成作用(coalescive neomorhism)である[Folk : 1965].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新成作用の関連キーワード炭酸塩炭酸塩化作用テロジェネシスカルクリサイトメソ結晶質仮像交代作用コロフェン炭酸塩化炭酸塩岩脈重炭酸塩ドーピング (bicarbonate dopinng)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone