マガーガ(英語表記)Maghāghah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガーガ
Maghāghah

エジプト中部,ミンヤー県の町。カイロ南南西 150km,ナイル川西岸を並行して流れるイブラーヒーミーヤ運河に沿い,鉄道路線上に位置する。綿糸毛織物製糖業が行われ,綿花穀物サトウキビなどが周辺地域で生産される。人口5万 807 (1986推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android