コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシム・グレク Maksim Grek

1件 の用語解説(マクシム・グレクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マクシム・グレク【Maksim Grek】

1470ころ‐1556
ロシアで活動したギリシア人修道士,宗教思想家。俗名ミハイル・トリボリス。イタリアで学び,ドミニコ会サボナローラなどの影響をうけてカトリックの修道士となったが,ギリシアに帰国後東方正教に改宗した。アトス山で修行中,1518年モスクワ大公ワシーリー3世に招かれてモスクワに赴き,教会典礼書の改訂などを行った。教養豊かな修道者として深い尊敬をうけたが,ニル・ソルスキーに代表される〈非保有派〉的立場を表明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マクシム・グレクの関連キーワード白ロシアロシア遠征ロシア語インテリゲンチャコロシアム小ロシア白系ロシア人たぎたぎ・し労農ロシア殺しあい

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone