コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシム・グレク(英語表記)Maksim Grek

世界大百科事典 第2版の解説

マクシム・グレク【Maksim Grek】

1470ころ‐1556
ロシアで活動したギリシア人修道士,宗教思想家。俗名ミハイル・トリボリス。イタリアで学び,ドミニコ会士サボナローラなどの影響をうけてカトリックの修道士となったが,ギリシアに帰国後東方正教に改宗した。アトス山で修行中,1518年モスクワ大公ワシーリー3世に招かれてモスクワに赴き,教会典礼書の改訂などを行った。教養豊かな修道者として深い尊敬をうけたが,ニル・ソルスキーに代表される〈非保有派〉的立場を表明した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android