マクドーネル(英語表記)Arthur Anthony Macdonell

世界大百科事典 第2版の解説

マクドーネル【Arthur Anthony Macdonell】

1854‐1930
イギリスのサンスクリット学者。ゲッティンゲン,ライプチヒ両大学で学び,1899‐1927年オックスフォード大学の教授を務める。ベーダの文献学的研究は着実・正確の学風で知られ,業績の多くは後学の必携の書となっている。《リグ・ベーダ》の内容目録である《カーティヤーヤナ総目録》の校訂(1886),同じ《リグ・ベーダ》の神格目録である《ブリハッド・デーバター》の校訂,翻訳(1904),また4ベーダ本集のマントラの単語を網羅し,組織的に分類した記述文法である《ベーダ文法》(1910)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android