マクラ(読み)まくら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクラ
まくら

日本音楽の用語。「」とも書く。楽曲構成部分のうち導入的な部分の名称。 (1) 地歌箏曲の手事物のうち,比較的長い器楽性の強い間奏部 (手事部) の中心的部分 (狭義の手事) への導入となる序章的前奏部分の名称で,独立性に富む。前唄に付随した,手事部に入るまでの経過句的な部分はマクラといわず,ツナギと称し,手事部の終結部で,後奏的な部分はチラシという。 (2) 浄瑠璃の一中,その冒頭の導入部の名称。比較的漢語調の,改まった感じの部分をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクラの関連情報