コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクラ まくら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクラ
まくら

日本音楽の用語。「」とも書く。楽曲構成部分のうち導入的な部分の名称。 (1) 地歌箏曲の手事物のうち,比較的長い器楽性の強い間奏部 (手事部) の中心的部分 (狭義の手事) への導入となる序章的前奏部分の名称で,独立性に富む。前唄に付随した,手事部に入るまでの経過句的な部分はマクラといわず,ツナギと称し,手事部の終結部で,後奏的な部分はチラシという。 (2) 浄瑠璃の一中,その冒頭の導入部の名称。比較的漢語調の,改まった感じの部分をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マクラの関連キーワードベスト(Charles Herbert Best)チャールズ・ハーバート ベスト柳家 三語楼(1代目)玉川 勝太郎(2代目)マルコム・マクラーレン蝶花楼 馬楽(2代目)柳家小三治(10世)柳家 三語楼(初代)マクラーレン・ホンダおもな浪花節の演目浪花節の芸風と用語お楽しみが一杯!リトル・ローリーマクラウドゲージマクラウド真空計マクラメレースロン デニスバンティングカンベイ湾風見大追跡

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクラの関連情報