コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグロ類地域漁業管理機関 まぐろるいちいきぎょぎょうかんりきかん International Commission for Conservation of Tunas

1件 の用語解説(マグロ類地域漁業管理機関の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

マグロ類地域漁業管理機関

マグロ類の資源管理を目的に、条約に基づいて海域ごとに設立された国際漁業管理機関のこと。漁獲枠の割り当て・削減、減船、貿易制限など資源管理のための措置が実施されている。2006年6月現在、全米熱帯マグロ類委員会(IATTC、1950年発効、15カ国加盟)、大西洋マグロ類保存国際委員会(ICCAT、69年発効、40カ国+EU加盟)、ミナミマグロ保存委員会(CCSBT、94年発効、4カ国+台湾加盟)、インド洋マグロ類委員会(IOTC、96年発効、23カ国+EU加盟)、中西部太平洋マグロ委員会(WCPFC、2004年発効、22カ国+EU、台湾加盟)の5機関がある。

(榎彰徳 近畿大学農学部准教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マグロ類地域漁業管理機関の関連キーワード黒鮪めじICCATEURATOMインドマグロミナミマグロ高度回遊性魚類資源地域漁業管理機関マグロの国際管理PCT条約に基づく特許出願

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone