コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マサソーガ Sistrurus catenatus; massasauga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マサソーガ
Sistrurus catenatus; massasauga

トカゲ目クサリヘビ科。体長 50~100cmの比較的小型のガラガラヘビ。体は淡褐色ないし灰褐色で,暗褐色の斑紋をもつ。卵胎生で,一腹に 10匹前後の子ヘビを産む。北アメリカ中南部の湿地や沼沢地にすむが,場所によってはやや乾燥した地域にもいる。マサソーガという名は,インディアンの言葉で「大きい河口」を意味し,このガラガラヘビが河口部の湿地にすむことに由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android