コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マジョーレ[湖] マジョーレ

2件 の用語解説(マジョーレ[湖]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マジョーレ[湖]【マジョーレ】

イタリア北部の大湖。氷河の浸食でできた湖で南北に65kmあり,北端部はスイスに属する。面積213km2イタリア第2位,湖面標高194m,最大水深370m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マジョーレ[湖]【Lago Maggiore】

イタリア北部,ロンバルディアピエモンテの二つの州にまたがる細長い湖で,氷河の浸食によってできた。北端の1/5ほどはスイスに属している。面積は212km2で,イタリア第2位の湖。温和な気候と,湖畔を彩るオリーブレモンオレンジなどの樹木,湖に浮かぶいくつかの島などがつくり出す風景美によって,コモ湖とならぶ世界的な保養地として知られ,湖畔には,ストレーザをはじめ,スイス側のロカルノなど重要な観光地が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone