マジョーレ[湖](読み)マジョーレ

百科事典マイペディアの解説

マジョーレ[湖]【マジョーレ】

イタリア北部の大湖氷河浸食でできた湖で南北に65kmあり,北端部はスイスに属する。面積213km2はイタリア第2位,湖面標高194m,最大水深370m。ティチノ川が北から流入し,南から流出する。湖岸にストレーザはじめ,スイスのロカルノなど観光・保養地が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マジョーレ[湖]【Lago Maggiore】

イタリア北部,ロンバルディアとピエモンテの二つの州にまたがる細長い湖で,氷河の浸食によってできた。北端の1/5ほどはスイスに属している。面積は212km2で,イタリア第2位の湖。温和な気候と,湖畔を彩るオリーブ,レモン,オレンジなどの樹木,湖に浮かぶいくつかの島などがつくり出す風景美によって,コモ湖とならぶ世界的な保養地として知られ,湖畔には,ストレーザをはじめ,スイス側のロカルノなど重要な観光地が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android