コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスストレージ マス ストレージ

2件 の用語解説(マスストレージの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マスストレージ

テープドライブ(磁気媒体)と磁気テープを巻いたデータカートリッジを数百から数千個単位でまとめたテープメディア、またはテープメディアを保管するテープライブラリーで構成された大容量記憶システムのこと。低価格かつ大容量の記憶媒体として生み出されたもので、大規模サーバーバックアップなどに利用される。バルクストレージとも呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスストレージ
マスストレージ
mass storage

大容量記憶装置ともいう。 1011~1012 バイト以上の巨大情報を記憶し,読出すことのできるコンピュータ補助記憶装置をいう。ビデオテープに類似したデジタル磁気記憶方式および光学的記録材料を使った光ディスク方式などが現在の主流である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスストレージの関連キーワード磁気テープテープドライブMRS磁気テープ装置生テープ録音テープ磁気テープカセット磁気テープ記憶装置磁気テープドライブメタルテープ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マスストレージの関連情報