補数(読み)ほすう

デジタル大辞泉の解説

ほ‐すう【補数】

和が一定の数Aになる二つの数があるとき、その一方の数を他方の数のAに対する補数という。コンピューターでは負の数を表現するのに用い、減算を加算に置き換えて行う。余数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほすう【補数】

一定の数からその値を引き算した結果のこと。コンピューターなどで負の数を表現するのに、絶対値と符号を組み合わせるのではなく、扱いうる符号なし整数の最大値から絶対値を引き算し 1 を加えた補数で表すことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補数
ほすう
complement

負の数を表現する一つの手法で,r 進数 n 桁の数を扱っている場合,ある数 x の補数は rnx で表わす。二進法では2の補数,十進法では 10の補数がよく使われる。たとえば二進法4桁の 1011の2の補数は 24-1011=16-11=5=0101 で,十進法2桁の 38の 10の補数は 102-38=62 である。また二進法で1の補数,十進法で9の補数という表示の仕方もある。これは数値の各桁ごとに2の補数,10の補数をとるもので,1011の1の補数は 0100,38の9の補数は 61である。1の補数,9の補数にそれぞれ1を加えたものが2の補数,10の補数となる。数の引き算は補数の加算で行うことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android