コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスリ王女の墓 マスリおうじょのはか

1件 の用語解説(マスリ王女の墓の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マスリおうじょのはか【マスリ王女の墓】

マレーシアのマレー半島北西部、アンダマン海に浮かぶランカウイ島(Pulau Langkawi、覧鷲島)南西部、同島の中心地クアタウンの北西12kmにある伝説の王女の墓。不貞の罪を犯したとして処刑を宣告されたマスリ王女は、自分が潔白なら白い血を流すだろうと言い残して自害した。その言葉どおり、王女は白い血を流して死んだ、という伝説がある。王女は死を決意したとき、王家7代にわたってランカウイ島を繁栄させないよう呪いをかけたといわれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスリ王女の墓の関連キーワードアンダマン諸島クアラルンプールマレーシアマレー人マレー半島アンダマン諸島民サラワクマラヤ連邦ペナン島馬来西亜

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone