マダラシマゲンゴロウ

百科事典マイペディアの解説

マダラシマゲンゴロウ

鞘翅(しょうし)目ゲンゴロウ科の1種。体長9〜10mm。関西の平野部から記録されている。日本からは従来ごくまれに見つかっていただけだったが,最近の記録はなく,生息が予想される場所も開発でほとんど消えた。絶滅危惧IA類(環境省第4次レッドリスト)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android