コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナス自然保護区 マナスしぜんほごく Manas Wildlife Sanctuary

1件 の用語解説(マナス自然保護区の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マナス自然保護区
マナスしぜんほごく
Manas Wildlife Sanctuary

インド北東部,アッサム州の北西部,ブータンとの国境地帯を流れるマナス川流域に広がる自然保護区。面積 360km2。湿潤な草原と熱帯雨林からなる地域で,絶滅の危機に瀕しているトラをはじめ,世界最小のブタであるコビトイノシシ,体毛が美しいサルのゴールデンラングール,手足が長いサルのボウシラングール,インド亜大陸以外では絶滅してしまったアカゲウサギなどの希少種をはじめ,絶滅寸前インドオオノガンなど珍しい鳥類が生息する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マナス自然保護区の関連キーワードガントクボド族アッサムアッサム地震メガラヤアッサム[州]ジャンムー・カシミール[州]アルナーチャル・プラデーシュ[州]ガウハーティラダク

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone